いつも 生徒目線の授業で 向学心をのばしています

小学生や中学生が まだまだ未熟なことは言うまでもありません。
自ら意識を変え、向学心を保ち続けるには 指導する側の力量が最も問われるところです。
知識はもちろん 話術、熱意、経験をそなえ、矛盾がなく、誠実で
いつも明るく前向きな姿勢が生徒の心を動かします。

生徒目線でわかりやすく与え続けるのがメアリーの先生は得意としています。
部活動で忙しく、時間にゆとりがない中学生には 大切なことを最小限の力で身につけていく
能率的な勉強が必要です。最小限の力は生徒によって異なります。

5教科に詳しいメアリーの先生が 個々の学力、性格を参考に少人数のクラスをまとめあげ 得点UPへ導きます。

これまではこれまで。入塾してからどう勉強していくか


これまでの学校の宿題や課題の取り組み方の違いが得点の差です。
毎日きちんと宿題をやってきた子と、テスト前にちょっと勉強してテストで得点できた子の
学力に差が出来るは当然の結果です。これまでやってきたことを悔いても仕方がありません。
今、勉強しないとマズい!!と気づくことが出来た小学生や中学生、そしてその保護者様の
期待に応えます。勉強の必要性に気づいたら次はどう行動していくか。その指導をメアリーでは行います。
学校の課題は、賢い子も頑張らないといけない子もみんな同じ範囲をしなければいけません。
今 学力がない子が 賢い子たちが解いている難しい問題をいきなりやっても 意味がありません。
各々がまず 力を注ぐべき問題を選択し繰り返し復習、順を追って達成感を味わいながらレベルを上げてく指導です。